苦みのわかる男になりたくて

自宅でフキ味噌を、ふっくら温かご飯と一緒に頂きました。


味覚を通じて「春が来たな~。」って実感します。

実家の長野は少しだけ雪が残っていて、その間から逞しくもかわいらしく芽を出したフキノトウで、そのエネルギーに満ちたものを頂くことのありがたさを感じます。

母からは、「季節のものは体が丈夫になるから食べなさい。」と子どもの頃から言われ続けていましたが、子どもの頃はこのフキの苦みだけは苦手で食べれませんでした。

でも、不思議なもので、いつしか大人になって、フキの苦みが、むしろおいしいと思えるようになり、これを食べないと春が迎えられないほどになりました。

なぜでしょう?

続きを読む

体は自然が大好き!

先日、自宅から車を走らせて40分の所にある八島ヶ原湿原に行ってきました。

ダウンロード

湿原とは、湿り気のある草原で植物が枯れて腐った状態で体積して出来上がった草原で、八島湿原の誕生は1万2千年前までさかのぼるそうで、こうして目の前で見れることがとても不思議です。

IMG_2663
今は、雪で覆われてご覧の通り一面の銀世界です。
ハイシーズンの夏のにぎわいに比べたら、冬の時期は人もまばらですが、私にとっては、かえって、ゆっくり自然を味わう絶好の季節です。

特に3月は、雪が湿り気を帯びて埋まりにくく、楽に歩くことができます。
今日のコンディションは、とても良く、カンジキを使わずに靴のまま雪の上をスイスイ歩けます。

続きを読む

「〇〇!」と決めること!!

WBC(ワールド・ベースボール・クラッシク)がはじまり、今、野球が盛り上がっています。
野球の醍醐味は、思いっきり投げて、走って、バットを振ることです。

野球

年齢を重ねても野球をすることが楽しいのは、無心にボールを追っかけていた子どもの頃に戻れるからではないでしょうか。
週末は、気の置けない仲間たちと思いっきり野球を楽しみリフレッシュする。以前の私もそんな一人で、職場のクラブチームの仲間たちと野球を毎週末楽しんでいました。

でも、そんな楽しいはずの野球なのに、肩の痛みで思いっきりボールが投げられない“野球肩”という症状で辛い思いをされている人もいるのです。

野球肩は、ボールを投げようとすると肩に「ビキーン!」と鋭い痛みが走って、その後は、ボールを投げるどころか肩を上げることも辛くなるような症状です。

続きを読む

遠くをごらんなさい

私は生まれも育ちも長野育ちなので、周りに山がないと落ち着きません。
山が見えないと東西南北もわかりません。

だから、実家に帰って山を見ると安心します。
そして、地元八ヶ岳の景色は好きで、雪山に夕日が映える八ヶ岳が一番好きです。

8

この写真は、先日帰った時に撮影したものですが残念ながら夕焼けしませんでした。
夕日が映える八ヶ岳が撮れたらまた更新します。

この写真を撮ろうと山を見上げていたら、何だか「上を向いて歩こう」という歌のフレーズが浮かんできました。

続きを読む

パフォーマンス・アップのためのスイッチとは

先日、競泳男子200メートル平泳ぎの渡辺選手が、東京都選手権で世界記録を樹立されました。

その時の渡辺選手のコメントは、
「腹痛だったんです。レース後にそんなことを言ったら(世界新を)なめてると思われるから言えなかったけど、あんな状況でなぜ(世界新が)出たのか分からない。」
と言っていました。

渡辺選手の体調から考えたら、今回の世界記録はびっくりで不思議なことですが、そのような経験って誰しも大なり小なりありませんか?

私も昔、野球の試合中、お腹が痛くてチェンジの度にトイレに行くという最悪のコンディションの中、なぜだかヒットだけは打ててしまう。みたいなことがありました。

実は、似たようなことがスポーツ障害でもあります。
ケガをしても、復帰後、以前よりパフォーマンスアップして記録の更新や試合で活躍する患者さんが少なくないからです。
なぜ?そのようなことがおきるのでしょうか。

switch4
これは、体の中にある2つのスイッチがオン!になるからです。

続きを読む

まずは、ノウハウ?それとも、やってみること?

先日、妻と公園でお弁当をもって食事をしていた時のことです。
小さな男の子が滑り台の上から、≪さぁ、これから滑り降りよう!≫としているのですが、なかなか滑り出せません。それを見かねて、滑り台の下からは、お母さんが声をかけていました。

suberidai1

その光景を妻と見ていて、「うちの子も、あんなことあったね。」なんて話をしていました。

まだ、息子が4歳くらいだったでしょうか?同じように滑り台の上で固まっていました。滑り台の下からは妻が、息子の横には私が位置取りました。

まずは私が息子に声をかけました。
「足を伸ばして座って~。」「手すりを両手でつかんで~。」と、滑り方を教えましたが、かえって手すりをギュッと握ってしまい滑る気配が全くありません!

続きを読む

早くよくするための魔法の質問

“腰椎分離症”という症状で、こちらに通院しているA君という野球部所属の中学生の子がいます。

A君は6回目の来院で、現在ジョギングを始めるくらいまで回復しています。
腰椎分離症の中ではA君は少し重度でしたが、順調に回復しています。

なぜ?こんなに良くなっていったのでしょうか?

shutterstock_95643235

今回は、そのことをお話いたします。

続きを読む

今年やっておきたいこと

今年やり残したことがありましたが、今日やることができました。
正確には、やってもらうことができました。

それは、二十歳をむかえた次男に“肩車をしてもらう”ことです。

cac338b63f58f6b1707038b6e5430baa

それを思いついたのは、オリンピックでした。
レスリング日本代表の女子選手が、メダルを獲るとコーチやお父さんを肩車するシーンが、
目に焼き付いていたからです。

続きを読む

幸せな人と、そうでない人の分かれ道

noriyasu_no4_1-1024x683

手に痛みやしびれが出る手根管症候群という症状があります。

患者さんのAさんもその症状で通われていたのですが、9月の中旬に自転車で転倒されて、膝のお皿を骨折してしまい、しばらく来ることができませんでした。

そして、先日、バスや電車を乗り継いで歩くことに不安が無くなったので、2ケ月半ぶりにこちらに来られました。
「こんにちは、ご無沙汰しています!!」と、とても元気な声が聞けたので、とっても安心しました。

Aさんからケガの経緯を伺うと、
電動自転車をこいでいて、道路の段差を乗り越えようとしたとき自転車ごと転んでしまったそうです。

続きを読む

有り難しは、いつも足元に

私は、生まれも育ちも、長野県の諏訪(すわ)という町です。
ここに45歳まで住んでいました。

その後、FMT整体の施術家になって横浜や品川に生活の場が変わりました。
故郷を離れ4年目になりますが、改めて故郷の良さに気づくことがあります。

その思いをしみじみ感じたのが、先日観てきた映画「バースデーカード」です。

t01a_169831
主演は、橋本愛さんで、お母さん役が宮崎あおいさん、お父さん役がユースケ・サンタマリアさんという豪華な顔ぶれで、笑いあり涙ありの家族愛の物語です。

そして、この映画のロケ地のほとんどが何と!諏訪地域なのです。

続きを読む